巻き爪ロボ

自分で治療ができる巻き爪ロボ

 

「合わない靴を履き続けたり、老化や爪の切り方が悪いせいで巻き爪になってしまった。歩くだけで痛いし、もう好きな靴も履けない・・・」

 

 

そう嘆いている人も多いのではないでしょうか。しかし、怪我などと違って巻き爪はなかなか自然に治るものではありません。

 

 

それどころか、そのまま放置していると悪化の一途を辿ってしまうことも珍しくありません。

 

 

しかし、病院に行って診てもらうと思うと、お金も手間もかかります。実際、巻き爪の治療はほとんどの場合、1回では終わりません。仕事や家事で忙しく日々を過ごしている人が病院に定期的に通うのは、難しいところがあるでしょう。

 

 

そこでおすすめしたいのが、自宅で治せてしまう巻き爪矯正器、「巻き爪ロボ」です!

 

 

使い方はフックを爪にかけて温浴するだけというとても簡単なもので、時間も1日30分ほどしかかかりません。

 

 

そんな手軽で、頑固な巻き爪に本当に効果があるの?と思うかもしれません。しかし、巻き爪ロボは認可を受けた、れっきとした医療機器なのです。その効果と安全性はお墨つきのものです。

 

 

これがあれば、もう、巻き爪の痛みに耐えることも、好きな靴を履くのも諦めないで済みます。

 

 

その具体的な効果と使い方を、今から見て行きましょう。

 

巻き爪になる原因

 

そもそも、私たちが巻き爪になってしまう原因とは何なのでしょうか?

 

 

一般には、老化によって水分が少なくなった足の爪が乾燥し歪曲して巻き爪になってしまったという方が多いそうです。

 

 

しかし、若い女性がパンプスやハイヒールを履くことでつま先を圧迫し、巻き爪を引き起こすケースも多く見られます。

 

 

また、爪の切り方が悪かったり、バレエやサッカーなどつま先に力がかかるスポーツをされている方も巻き爪になりやすいそうです。

 

 

こうして見ると、世の中の多くの人が巻き爪である、またはそうなる危険性を抱えて生きていることがわかります。

 

 

あなたやその家族も、今は巻き爪でないまたは軽度で痛みを感じない場合でも、上の条件に少しでも当てはまるならばひどく悪化してしまう可能性があります。

 

 

そうなる前に、早いうちから予防や治療にとりかかるようにしましょう。

 

巻き爪の治療方法

 

巻き爪になった時、頼る先として真っ先に思いつくのは病院でしょう。

 

 

どの科に行けばいいか迷うでしょうが、一般的には巻き爪は皮膚科で診てもらう人が多いそうです。

 

 

病院での治療法として、大まかに手術かワイヤーを爪に装着して矯正していくかの2つが挙げられますが、相当悪化していない限りワイヤー装着を選ぶことになるでしょう。

 

 

しかし、このワイヤーを装着する方法はなんと保険がきかず、治療費は患者の10割負担になってしまうのです。

 

 

手術と違って直接皮膚を治療するわけでは無いからだそうですが、金銭面を思うと病院に行くのをつい躊躇してしまいますよね。

 

 

また、定期的に病院に通う手間や時間もかかりますし、個人差はありますが、ワイヤーも約1年ほど装着し続けなければなりません。

 

 

ミュールを履いたり、ベディキュアを塗ったりとおしゃれをしたい女性にとってとても不便な生活を強いられることになります。

 

 

そこで提案したいのが、医療機器である巻き爪ロボを使って自宅で治療するという方法です。

 

とっても簡単!巻き爪ロボの使い方

自宅で治療というと、処置が難しかったり、時間がかかったりするのではと不安になるかも知れません。

 

 

でも、安心してください。巻き爪ロボは初めて手に取る人でも簡単に使うことが出来るうえ、時間も1日30分ほどしかかかりません。

 

 

用意するものは、巻き爪ロボと、足の甲が浸かるだけのお湯と、ドライヤーだけです。

 

 

まず、爪の端と端に巻き爪ロボのフックをかけて、つまみを巻きます。

 

 

こうすることで、指に食い込んでいる巻き爪を持ちあげられるのです。

 

 

そして、巻き爪ロボを装着したまま、約20分ほど足をお湯に浸します。

 

 

爪がふやけることで、よりスムーズに矯正が行えます。

 

 

お湯から足を出したらつまみを巻いてゆるめ、フックを爪の根元の方まで下ろし、ドライヤーで乾かし爪の形をそのまま保つようにします。

 

 

そうしてフックを外し見てみると、治療前と比べて劇的に爪のくいこみが和らいでいることに気が付くはずです。

 

 

装着も使用も簡単で安全なので、お年寄りやお子様にも使っていただけます。

 

 

この圧倒的な効果は、ホームページにある動画でも確認して貰うことができます。

 

 

巻き爪の痛みに耐えたり、悪化に怯える前に、一度この巻き爪ロボの魅力に触れてみてください。

 

 

あなたの生活は、きっと驚くほどに改善します。

 

あらゆる巻き爪に対応

巻き爪と一言に言っても、そのタイプは人様々です。

 

 

巻き爪ロボが自分の爪に使えるのか不安な方もいるでしょう。

 

 

でも、その心配はいりません。

 

 

巻き爪ロボは、あらゆるタイプの巻き爪に対応するためAタイプとBタイプの2種類を用意しています。

 

 

まず一般的な巻き爪、または足の親指以外の爪を矯正したい人はAタイプ。

 

 

そして爪の片側が大きく変形してしまっている人、厚みが両側で大きく違う人はBタイプがおすすめです。

 

 

自分がどのタイプかわからない、あるいは両方のタイプの巻き爪を抱えているという人には、AタイプとBタイプのセットも選ぶことができます。

 

 

自己判断で治療を諦めてしまわず、一度ホームページを見てみましょう。

 

 

きっと、あなたに最適な処置を施してくれるものが、そこにはあるはずです。

 

巻き爪ブロックでさらに効果アップ

巻き爪ロボの効果と魅力を、わかっていただけましたか?

 

 

もちろんこれだけでも巻き爪の治療の効果は大なのですが、巻き爪ロボ使用後の爪をそのままに保ちたいならば、巻き爪ブロックの併用をおすすめします。

 

 

巻き爪ブロックは爪につけたまま生活をすることで、日常的に巻き爪を矯正してくれるというものです。

 

 

歯の矯正器具をイメージしてもらえばわかりやすいと思います。

 

 

これに使用されているのは、電車の車両にも使われる高品質なバネを応用したものです。

 

 

爪の両端にフックをとりつけることで、バネの力が働き、曲がった爪をもとの形に戻そうと働きかけてくれます。

 

 

ブロックの上からカバーを貼れば、なんら問題なく日常生活を送りながら治療ができるのです。

 

 

巻き爪ロボと巻き爪ブロック、どちらか1つだけでも効果は大いに期待できますが、早く効果を実感したい人、またミュールを履いたりペディキュアを塗らないは両方を使っていただくと、より早く巻き爪治療が行えると思えます。

 

 

自分の生活スタイルに合ったものを選んで、無理なく治療を行っていきましょう。

 

 

医療機関の認可を取得

 

巻き爪ロボは、薬事法で定められた厳しい審査基準をクリアした立派な医療機器です。

 

 

実際、これは制作の過程で東京電機大学と産学協同での繰り返しの実験や検証を重ね、開発、改良されて出来た商品なのです。

 

 

その結果と効果の高さは、グラフとデータ付きでホームページにしっかりと記載されています。

 

 

さらに、商品自体の効果や安全性だけでなく、制作される工場まで検査が行われています。

 

 

だから今ここで、よくある「効果が期待できる」「改善が期待できる」などの曖昧な表現ではなく、はっきり「治る」「治療できる」という文言を使い紹介することができているのです。

 

 

巻き爪は普通生活するのにあたって、大きな障害となりかねない重大な症状です。

 

 

余計な時間やお金をかけず治療するために、ぜひこの商品を選んでください。

 

 

ABタイプ2個セットだとお得

 

 

最後に、やっぱり気になるのはお値段でしょう。

 

 

ずばり、AタイプBタイプそれぞれ1個19800円になります。あるいは、少し高いと感じる人もいるかもしれません。

 

 

しかし、さっきも述べたとおり皮膚科では巻き爪の矯正に保険が使えないのです。通ううちに、19800円などすぐに飛んで行ってしまうことでしょう。さらに、費やす時間や交通費も馬鹿にはなりません。しかも、日常的に矯正器具をとりつけておかなければならないので、ストッキングを履いたりペディキュアを塗ったりするのに困難が生じます。

 

 

しかし巻き爪ロボならば、通院の手間もなく、さらに常に爪に矯正器具をかけておく必要もありません。ミュールやサンダルを履いておしゃれすることだって出来ます。

 

 

同じく巻き爪に悩む家族と一緒に使うこともできます。

 

 

時間も1日30分あればできますし、そのうち足をお湯で温めている20分はテレビを観たり、本を読んでゆっくり過ごすことだってできます。

 

 

確かな治療効果があることは、医療機器の認可をうけていることから明らかです。

 

 

さらに、あらゆる巻き爪に対応可能なAタイプとBタイプのセットだと35800円と、別個で買うよりずっとお得に手に入れることができます。

 

 

こう考えると、決してこのお値段は高くないと感じられると思います。

 

 

消耗品ではないので、長期的に考えるととてもお得と言ってもいいくらいです。

 

 

少なくとも、安全性も効果の高さも定かではない安い粗悪品をつかむくらいなら、巻き爪ロボを選んで頂きたいと言うのが本音です。

 

 

爪は、あなたの体を支える大事なパーツのひとつです。よく考えて、最善の商品や治療の選択をするようにしてください。

 

 

健康な足と素敵な靴で出かけましょう

 

 

巻き爪ロボの魅力と効果を、わかっていただけましたか?

 

 

1日30分、自宅で器具をつけて温浴するだけで頑固な巻き爪の治療が可能。しかも、通院の手間や矯正器具をつけ続ける不便もないので、普段通りの生活を続けることができます。

 

 

種類も、スタンダードな巻き爪から、片方だけが変形してしまっていたり厚くなったりしてしまっている爪にまで対応できるABタイプを用意しています。

 

 

認可を取得したれっきとした医療機器なので、その効果や安全性は確実です。

 

 

さらに、ABタイプをセットで買うと、単独で買うよりもお得に手に入れることができます。

 

 

巻き爪のせいで普通に日常生活を送ることができなかったり、ハイヒールなどのオシャレな靴を履けなくなったと悩むあなたにこそ、使って貰いたい機器です。

 

 

実際、巻き爪ロボのおかげで巻き爪が改善し、積極的に仕事やお出かけに行くことが出来るようになり、生活にメリハリが出たとの声を多く耳にします。

 

 

もう痛みや不便に苦しむ必要はありません。少しでも気になった方は、一度ホームページやそこにある動画を見て、効果の程を目で見て実感してみてください。

 

 

人生すら変化させてしまう、完治への手がかりがそこにはあります。

 

 

 

 

 

画期的!巻き爪を優しく矯正!病院要らず♪

 

巻き爪になった経験を持つ人は多いかと思われますが、これは症状を経験した人でなければその痛みは分からないと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

巻き爪になると見た目も良くありませんし、重度の症状になると歩くこともできなくなるなど、大変な事態を招いてしまいます。

 

 

中でも酷くなるのがばい菌が入り込んでしまい化膿してしまうケースです。

 

 

化膿してしまうと歩くこともできなくなるほどの激痛が走るのが特徴です。

 

 

歩くことができないわけですから、自力で病院に行くこともできないなど、症状が酷くならない内に早めに病院での治療を受けるのが最善の方法と言えます。

 

 

巻き爪の症状を経験したことがない人にとって、どのような症状になるのか分からないケースは多いようです。

 

 

この症状は、足の指にある爪の両端の先端部分が内側に強く湾曲した状態になるのが特徴で、巻き爪になるのは主に負担が一番掛かりやすい親指の爪です。

 

 

但し、親指の爪以外にも他の指の爪も症状が起きるケースがあるため注意が必要です。

 

 

症状が進行してしまうと、肉の部分に曲がってしまった爪が食い込んでしまい、これが原因になり激痛を感じるようになるわけです。

 

 

ちなみに、巻き爪にはホチキス型や複合型などの形状による症状があるのが特徴ですが、変形してしまうため見栄えが悪くなるのもデメリットと言っても過言ではありません。

 

 

人によっては形は悪いけれども痛みが起きないためそのまま放置してしまうケースも多いようですが、痛みが起きると病院に行くケースが多いのも特徴と言えます。

 

 

対処の仕方は色々とあるため、どのような方法が一番良いのか迷ってしまうケースも多い、身近な病院での治療を受けたものの症状が良くならなかったり、中には逆に症状が悪化してしまうケースもあると言います。

 

 

病院での治療ではなく、自宅で治療ができないだろうかなどと悩みを持つ人も多いかと思われますが、このような人にお勧めとなるのが巻き爪ロボです。

 

 

これは巻き爪を強制するためのグッズであり、治療器です。1日30分で治療ができるので続けられるのか心配な人でも安心です。

 

 

さらに、医療機器の許可を取得しているなどの安心感もある治療器で、大学との共同開発で誕生しました。

 

 

医療機関の許可があることは確かな裏付けがなければ得ることができないわけですから、自宅で使いたい人への安心に繋がって来るわけです。

 

 

 

巻き爪ロボ 口コミ・評判

 

 

巻き爪ロボを使った人の口コミの中には、医療機関の許可があるので安心して使えた、矯正を行う時には痛み少なくて済んだのも良かったなどもあります。

 

 

矯正を行う時に巻き爪が痛みを持つのは症状を持っている人にとっての不安材料です。

 

 

治療を家でできるものの激痛が走るのでは使い続けることができない、毎回痛みが起きるのではないかと怖くなるケースもゼロではありません。

 

 

口コミの中にある矯正時に痛みが少ないのは購入の決め手にもなっているわけです。

 

 

所で、口コミでも評判を持つ巻き爪ロボにはAタイプとBタイプの2種類が存在しており、巻き爪の症状に合わせて選ぶことができます。

 

 

Aタイプは巻き込み方が爪の左右でほぼ均等なケース、爪一つの左右の変形が極端になっていない場合は、Aタイプで大半がカバーできます。これに対してBタイプは爪の左右の曲がり方が極端に異なる、もしくは爪の厚みが極端に違う場合に利用するものです。

 

 

巻き爪ロボのAタイプおよびBタイプは個別に購入することもできますし、AタイプとBタイプがセットになっているものもあるため、症状に合わせて選ぶことが可能です。

 

 

値段はセット品の方が個別に購入するよりも安くなっているので、症状にばらつきがある人などはセット品を購入し、軽度の症状の場合にはAタイプを選ぶなどの買い物の仕方もあるわけです。

 

 

巻き爪に悩む男性や女性が多い、特に女性は巻き爪になりやすく、症状が重度になるケースも多いと言われています。

 

 

病院で治療を受けるためには通院が必要になりますが、巻き爪ロボを買えば家で治すことができるなど、注目が集まっているのです。

 

 

注目が集まるとどのようなことが起きるのか、それは偽物が登場するリスクが生じます。

 

 

実際、この商品の偽物が存在していると言いますので、購入する時には正規品を買うことが大切ですし、正規品はどこで買うことができるのか、情報サイトを利用するなどして買い物するようにしましょう。

 

 

ちなみに、正規品を買う時のポイントは有名な通販ショップを使う、特に大手の通販ショップは商品の管理を徹底しているため、安心して買い物ができる魅力を持ちます。

 

 

偽物を買うと治療ができないだけでなく、最悪の場合は症状の悪化にも繋がってしまうため、巻き爪ロボを購入して治療を検討されている人は口コミや情報サイトを使って安心して買うことができるお店を調べる、その中でも送料が安いお店や無料で届けてくれるようなサイトを選べば病院で治療を受けるよりも安く治せるのではないでしょうか。

 

 

 

巻き爪治療器の一般的なお値段

 

 

巻き爪は足の爪が内側に巻いた状態で生えてくる状態を表し、原因は遺伝的なものだけではなくサイズが合わない、爪先が狭くなっているなど足の指や爪に負担がかかる靴を履き続けることでも発生します。

 

 

特に人間は小学生ぐらいまでの成長期の年代で一生の足の形の基礎が形成されるので、合わない靴を履き続けると変形した形が固定化されてしまうリスクがあるため、足に合った靴を履くのはもちろんのことしっかりとしたケアをすることが大切です。

 

 

一度巻き爪になると見た目から精神的な負担になるのはもちろんのこと、歩行時には爪が皮膚に食い込んで影響を及ぼしたり裂傷を起こして化膿し激しい痛みを感じるなど辛い症状が続きます。

 

 

一般的な爪切りでお手入れをするのは困難で外科に通って専用の器具で爪をカットしてもらうのも定期的に通うのは大変な手間がかかるほか、あまりにも深刻な場合は形成外科手術を行うこともあります。

 

 

しかし、困ってしまうのが手術をするまでには至らないが、巻き爪の症状に苦しめられるケースです。

 

 

これまでそのようなレベルの症状の方は自己流のお手入れを行い、爪切りの使い方を工夫したり工作用のニッパーを利用するなどして爪をカットする方も少なくありませんでしたが、根本的な解決にはならないだけではなく使い方を誤れば皮膚を傷つけて他の問題が発生することもありました。

 

 

そんな中で、そのような巻き爪のお悩みを解決するための決定打として登場したのが巻き爪ロボの存在です。

 

 

巻き爪にフックを引っ掛けて中心のネジを回すことでパットが爪を押し、圧力がかかり爪の形を矯正するための器具で、痛みを感じず無理のない範囲の圧力をかけて1日30分程度行うだけで巻き爪の矯正が行えることから大きな話題となりました。

 

 

これまでは個人では改善の余地は一切無く、専門の医療機関に相談するか症状を我慢して生きていくしか無いと思われていたところに自宅で気軽に矯正が行える方法が登場し、多くの巻き爪に悩んでいる方にとって大きな希望の光となりました。

 

 

巻き爪ロボは医科大学との共同開発で誕生し、医療機器の認可を取得していることから安心して利用できると共に医学的な見地による確かな効果も期待でき、この証明書は公式ホームページでも掲載されています。

 

 

巻き爪ロボにはAタイプとBタイプが用意されており、爪の形状や状態に合わせて選択することができます。

 

 

Aタイプは爪が左右均等に円を描くように食い込んでいる症状に最適で、Bタイプは爪がアルファベットのUのような形で左右の曲がり方や厚みが違う場合に最適です。

 

 

価格はAタイプ、Bタイプ共に19800円で一瞬どれほどの価格なのか考えてしまうところですが、専門の病院での巻き爪の治療が爪5本につき4万円程度、保険外治療となる場合はさらに高額になることや、自宅で気軽に症状が改善できることも考慮すればコストパフォーマンス的には悪くは無い金額と言えます。

 

 

また、AタイプとBタイプのセットであれば35800円で1個あたりに換算すると17900円となりお得です。

 

 

 

自宅でできる解消法。就寝前の使用がおすすめ。

 

 

巻き爪はそれぞれの形状に個性があり、全て同じ症状であるとは限らず実際に巻き爪ロボを装着しなければ分らないサイズ感があるだけではなく、矯正を行う過程でタイプが変わってしまうケースもあります。

 

 

そんな時に後から注文すると商品が届けられるまでにタイムラグが発生してケアが行えないダウンタイムが発生すれば、せっかく上手く進んでいた矯正が逆戻りしてしまうケースも考えられます。

 

 

そのため、自身の巻き爪がどのタイプなのか確証が無い場合は最初からAタイプとBタイプを揃えておくのがおすすめです。

 

 

具体的な使い方は、まず両サイドのフックを爪の両端に引っ掛けますが、場合によっては爪が伸びて引っ掛かりやすくなるのを待つ必要があります。

 

 

引っ掛かることを確認したら足をお湯につけて爪や周辺の皮膚を柔らかくしてから巻き爪ロボを装着し、中央のネジを締めてパットで爪の表面を押さえつけて痛みや無理の無い範囲で固定します。

 

 

この時点で巻いた部分が広がって皮膚に食い込んでいた部分の痛みが緩和されることが分れば、継続することで確かな効果があることが期待できます。

 

 

約30分程度放置してからこの状態を維持するために、ドライヤーなどを使って爪を乾燥させて水分を飛ばして形を定着させれば1回の施術は完了です。

 

 

ここでおすすめなのが巻き爪ブロックと呼ばれている爪のカバーを付けることで、前述の方法で矯正した爪が元の形に戻ろうとするのを防いでくれます。

 

 

以上のプロセスを毎日繰り返すことで個人差はあるものの、早い方で1週間程度で痛みが緩和され1ヶ月から3ヶ月を経過した頃には施術を行わなくても爪がベストなコンディションを保てるようになります。

 

 

これまでに無かった新たなコンセプトを持つ巻き爪ロボの登場により、今や巻き爪のつらい症状を諦める必要は無くなったことから大きな注目を集めています。

 

 

 

巻き爪ロボ 使用方法

 

巻き爪ロボは基本的に30分ほど装着するだけで本格的な巻き爪の矯正ができる器具です。応急処置ではなく自宅でしっかりと巻き爪の矯正ができると評判になっています。

 

 

巻き爪ロボは医療機器の認可も取得しており、巻きや変形が強い場合や厚みが均一でない場合にも使用できます。

 

 

使用時間は30分ほどで痛みはほぼありません。

 

 

重度の巻き爪を簡単に治すことができるため人気があります。具体的な矯正方法としては、まず爪に器具を装着します。

 

 

次に足を20分ほどお湯に浸し、器具を調整して矯正を行います。最後にドライヤーで乾燥させます。

 

 

この器具にはAタイプとBタイプの2種類があります。Aタイプは均等に変形している場合に使います。

 

 

片方のツメの変形が大きい場合はBタイプを使うことになります。形状に合わせて最適な方を選択することが可能です。

 

 

この器具を使えば長期間にわたって病院に通う必要がありません。誰でも自宅にいながら簡単に矯正できるので注目を集めています。

 

 

巻き爪ロボは基本的に30分ほど装着することになります。

 

 

しかし30分ほどで確実に矯正するためのは爪の水分が重要です。水分が不足している場合には30分で矯正できないことがあります。

 

 

そのような場合は爪の状態を見ながら最大1時間ほど温浴をします。

 

 

この器具が効果を十分に発揮するためには水分を含ませて軟化させる必要があります。基本的に30分ほどの温浴で水分が爪の内部まで浸透します。

 

 

ただし厚さや加齢による水分量の減少などが原因で浸透しにくい場合もあります。温浴後は爪の角を手で軽く反らせるように曲げ、痛みを感じることがなければ十分水分が浸透しています。

 

 

曲げた場合に痛みを感じるのであれば、爪の状態を確認しながら最大で1時間ほど温浴を行います。水分をすばやく浸透させるためには、ネイル用のヤスリで爪の表面を削るのも有効方法です。

 

 

巻き爪ロボは誰でも安全に矯正ができる器具ですが、最初から爪にヒビがあるとさらに進行することがあります。

 

 

温浴による爪の軟化が不十分で割れてしまうケースも見られます。また使用後に爪の乾燥が不十分だと元に戻る可能性があります。

 

 

爪に小さなヒビがある場合は、その部分をカットして状態をしっかり確認してから器具を使用します。

 

 

爪の軟化が足りない場合は、先の部分を少し曲げても違和感がなくなるまで十分に温浴を行います。

 

 

器具を1人で装着しにくい場合は爪を正方形にカットして前方から滑り込ませるように装着します。

 

 

爪の角が丸いと装着時に滑りやすくなります。正方形にカットすれば滑りにくくすることができます。

 

 

巻きが強いため装着しにくい場合は、前方から滑り込ませるようにするとスムーズです。

 

 

 

爪本来の性質を生かし、自然に形を変えることが!

 

 

この器具は強度と耐久性も優れているという特徴があります。しかし使用方法に問題があってフックの部分が破損するケースも見られます。

 

 

この器具は開発段階で十分な破壊試験を行っており優れた強度を備えています。

 

 

通常の使用方法を守って矯正を行った場合に、器具が破損することはありません。

 

 

ただし使用方法を間違えると破損の可能性があるので注意が必要です。説明書をよく読んでから使用することが大切です。

 

 

仮に説明書を読んでも使用方法が分からない場合でも、メーカーに問い合わせれば対応してもらうことができます。

 

 

この器具にはAタイプとBタイプの2種類があり、どちらを使用したらよいのか迷う人もいます。

 

 

十分な効果を発揮するためには、自分の爪の状態に合った方を選ぶ必要があります。

 

 

爪が左右対称に巻いている場合はAタイプを選びます。Aタイプは左右均等の力で爪を持ち上げる機能があります。

 

片方のみが強く巻いているような場合はBタイプを使用します。Bタイプは爪の片方だけを強い力で持ち上げます。

 

 

長時間にわたってパンプスを使用している女性は、爪の片側のみ変形する傾向があります。Bタイプを使用すれば効果的に巻き爪を矯正することができます。

 

 

いずれのタイプを選べばよいのか不安な場合には、メーカーに問い合わせれば相談に応じてもらえます。もし間違ったタイプを購入した場合でも、交換に応じてくれるので安心です。

 

 

巻き爪ロボは通院する場合と比較してコストパフォーマンスが優れています。価格は病院で2本分の巻き爪矯正手術を受けるのとほぼ同じです。

 

 

しかもこの器具は半永久的に使用することができます。病院で手術を行う場合には、一般的に親指1本あたり約1万円の費用が必要です。

 

 

両足の親指を手術すると2万円ほどかかるので、この器具を購入するのとほぼ同じ費用となります。

 

 

しかしこの器具は一旦購入してしまえばその後は何度でも使い続けることができます。

 

 

病院に通う必要がなく、自分の都合に合わせて巻き爪を矯正できるというメリットがあります。

 

 

矯正する力はつまみを回すことで調整可能となっており、無理な力を加えることはありません。

 

 

痛みも感じないので安心して矯正ができます。

 

 

 

自宅で手軽に巻き爪が矯正できる医療器具です!

 

 

巻き爪は生まれながらにして曲がった癖が付いている遺伝的なものや、生活習慣の中で変形してしまう後天的なものがありますが、歩行時に爪が皮膚に食い込んで痛みを感じたり最悪の場合は裂傷を起こして化膿してしまうなどつらい症状が続きます。

 

 

見た目にも変形した爪は精神的な負担になるほか、センシティブな問題から誰にも相談できず一人で悩んでいる方も多く、潜在的な予備軍も含めれば巻き爪の症状に見舞われている方は天文学的な数字であることが考えられています。

 

 

軽度なものであればまめに爪切りをしてケアをする方法もありますが、重度となり自身で行うことが難しければ形成外科に通って専用の器具でカットしてもらったり裂傷した箇所に化膿止めの薬を塗布するなど大変な負担がかかります。

 

 

また、場合によっては矯正を行ったり外科的な手術を行わなければならないケースもあり、保険の範囲内ならばいざ知らず保険外治療となる場合には費用面でも大きな出費となります。

 

 

そんな中で登場したのが、巻き爪ロボという器具を使って矯正する方法で自宅に居ながらにして毎日約30分程度続けるだけで巻き爪のお悩みを解消できることから大きな話題となっています。

 

 

巻き爪ロボは左右のフックを爪の両端に引っ掛け、中央のネジを回せばパットが爪の表面に当たって押す格好になり巻いていた爪が開いて平常な形へと矯正が行われます。

 

 

これまでも同じような目的の器具が製造販売された例もありましたが、効果が実感できなかったり最悪の場合は怪我をしてより悪い症状に陥ってしまうケースも少なくありませんでした。

 

 

その一方でこの巻き爪ロボは医科大学の研究チームとの共同開発されただけではなく、医療機器としての正式な認可を受けているため医学的な根拠を持つ確かな効果を安全性を誇っていることから、安心して利用することができます。

 

 

爪の曲がり方が左右均等で厚みもほぼ同様で巻き込みが90度以上の深い角度、あるいは親指以外の小さな爪に最適なAタイプと、片側だけが変形していたり左右の厚みが極端に違う場合に最適なBタイプが用意されており症状に合わせて使い分けることができます。

 

 

Aタイプは左右のフックと中央のパットの長さや幅が均等のサイズになっていますが、Bタイプは左右のフックの長さが違うのに加えて中央のパットがやや横にずれた位置に設置されているのが特徴です。

 

 

 

効果がすぐに実感できること、手軽にできることが魅力!

 

 

Aタイプには4つの関節が付いており軽度から重度までの幅広い症状や小さな爪にも対応でき、左右のフックと中央のパットは均等な力で爪の左右を開いて中央を抑えられるので、左右均等に巻いている爪を矯正できます。

 

 

Bタイプは2つの関節が付き左右のフックが非対称になっていることで、片側だけが変形している爪や左右の厚みが違っていても均等な力を加えることが可能です。

 

 

ただし、曲がりが90度を超えるような爪には対応できないため注意が必要です。

 

 

Aタイプ、Bタイプ共に19800円で販売されており、形成外科で足の指5本の巻き爪を治療した際には概ね4万円から5万円に至るケースもあると考えると自宅で気軽にケアできることも含めると大変リーズナブルな価格と言えます。

 

 

また、さまざまなタイプの爪に対応するためにAタイプとBタイプのセットは35800円で1台あたり17900円と大変お得になります。

 

 

巻き爪ロボを使用するためには、まずはフックを掛けるために爪を伸ばしたり形を整える必要があり、両端を1mm以上伸ばして角に丸みを持たせます。

 

 

つづいて足をお湯につけて爪や周辺の皮膚を柔らかくしてからフックを爪の左右に引っ掛けてから中央のネジを締めてパットを押し当て、痛みや無理の無い範囲で固定して爪が開いて矯正されているのを実感します。

 

 

このまま約30分待った後取外しを行い、ドライヤーなどで乾かして形を定着させます。

 

 

巻き爪は強い癖が付いているためここまでのケアを行なってもいずれ元に戻ろうとする力が働いてしまいますが、巻き爪ブロックを装着することで元に戻るのを抑止します。

 

 

これらの巻き爪ケアを毎日続けることで元々の症状や体質にもよりますが、概ね1週間程度で効果が実感でき1ヶ月から3ヶ月を経過した頃にはケアを行わなくても本来の形に矯正されるようになります。

 

 

巻き爪ロボは本体の多くに金属製の部品を使用していることから耐久性に優れていますが、購入時には1年保証が付いており保証期間内に故障することがあれば無料で交換してもらうことができます。

 

 

また、公式販売サイトから購入した場合は保証期間内に効果を実感できなかった場合にも返品や返金を受けることができるため安心して申し込むことができます。

 

 

これまではつらい巻き爪の症状に見舞われても遺伝的や体質的なものだとはじめから諦めてしまったり、高額な治療費を考えて躊躇していた方も少なくありませんでしたが、巻き爪ロボの登場により比較的リーズナブルな価格で家庭でもお気軽にケアすることが可能となりました。

 

 

巻き爪に長年悩まされてきた方におすすめです!

 

足の爪に問題を抱えている人は男女を問わず多いです。

 

 

爪のトラブルで最も多いのが巻き爪で、特に女性で困っている人が増えています。

 

 

巻き爪の原因は人によって異なります。

 

 

足に合わない小さなサイズの靴を履いていると、足の指先が圧迫される状態が続きます。

 

 

爪を巻く力が必要以上に強くなることで巻き爪になります。

 

 

爪を切りすぎてしまった場合も巻き爪になることがあります。

 

 

短く切りすぎたことで皮膚が爪を支えられず盛り上がります。

 

 

爪の縁が食い込んでしまい巻き爪が発生します。

 

 

歩き方に原因がある人もいます。

 

 

歩いているときの重心がかかと中心だと、足の指が地面から浮き上がった状態になります。

 

 

足の指が浮き上がった状態が続くと爪の広がる力が弱まってしまいます。

 

 

巻き爪を防ぐには正しい切り方をマスターすることが重要です。

 

 

理想的な切り方はスクエアカットです。

 

 

中央部分をスクエアにカットし、両端をヤスリで削り丸めていきます。

 

 

すでに巻き爪に悩んでいる場合は、専用の道具を使う方法があります。

 

 

巻き爪専用のアイテムは様々なメーカーが開発して販売を行っています。

 

 

最近口コミで評判なのが巻き爪ロボです。

 

 

巻き爪ロボは医療機器の認可を取得している矯正器具で、様々なメリットがあります。

 

 

朝でも夜でも少しの時間があれば、いつでも治すことが可能です。

 

 

痛みからすぐに解放され、指の形まできれいになります。

 

 

巻き爪ロボを使う場合に痛みを心配する人もいますが、バネとネジを持ち二段階の強制を行うので痛くないケアができます。

 

 

バネ調整機構はソフト矯正ができ、装着時と温浴時にバネの力でソフトに自動矯正を行います。

 

 

ネジ矯正機構は強力矯正で、軟化が完了した後にネジ込みの力で強力に矯正することが可能です。

 

 

矯正が早い秘密はお湯で、爪をお湯で柔らかくすることで効果を100%引き出すことができます。

 

 

温浴効果が爪の形をスピーディーに変えていきます。

 

 

温浴効果で爪が柔らかくなると、形を簡単に変えることができるようになります。

 

 

形を変えても元の状態に戻りやすいので、ドライヤーを使ってしっかり乾燥させて仕上げを行います。

 

 

矯正した後に乾燥させることで、短時間で元の硬さに戻すことができます。

 

 

30分ほどの時間があればほぼ矯正でき、重度の巻き爪から解放されたという喜びの声が届いています。

 

 

巻き爪ロボは誰でも簡単に使うことができ、自分だけで巻き爪矯正ができます。

 

 

安全設計で簡単に使えるので、好きな時間に利用でき便利です。

 

 

装着する場合は爪の両側にフックをかけツマミを締めるだけです。

 

 

矯正をする場合はツマミをゆっくり締めていけばケアが完了します。

 

 

慣れてしまえば数十秒でできます。

 

 

 

「楽になった」幸せな声が多数届いてます!

 

 

巻き爪に悩む人の中には痛みが心配な人もいます。

 

 

痛みの不安や心配がある場合は、装着する前に15分ほど温浴をすると痛みの緩和が期待できます。

 

 

体が温まることで皮膚と爪が軟化してフックを挿入する痛みが和らぎます。

 

 

お湯の量は湯面が足首がかかるくらいです。

 

 

お湯の量が少なすぎると温度変化が激しくなることがあります。

 

 

利用する容器は深さが15cm以上のものなら何でも使うことができます。

 

 

矯正は4ステップで完了します。

 

 

1日で持ち上げられる量の目安は2mm以下に抑えます。

 

 

持ち上げすぎると爪が欠けてしまったり割れてしまったりすることがあります。

 

 

条件が良い人の場合に3mmから5mmほど落ち上げた実績はあるものの、無理をするとトラブルの原因になることがあります。

 

 

温浴時間は軟化時間なので、時間が足りないと矯正部分が割れやすくなります。

 

 

爪は吸湿をすることで軟化が一定値まで進みます。

 

 

普通の厚さのだと20分程度温浴し、厚みのある人は30分程度温浴を行います。

 

 

温度管理は38度から72度くらいで、温浴をスタートするときは熱めのお湯にします。

 

 

温浴を終了するときにぬるま湯になる程度の温度管理で大丈夫です。

 

 

乾燥するときは全体にムラなくドライヤーをかけてよく乾燥させます。

 

 

厚さが普通の人は10分程度で、厚みのある人は15分程度かけます。

 

 

矯正したときに爪と肉の間に隙間ができた場合は、専用の巻き爪ブロックを使います。

 

 

肉の盛り上がり期間には個人差があり、元に戻るまでに数週間から数ヶ月かかることがあります。

 

 

爪を支えていないと外圧などで元の形に戻りやすくなるので巻き爪ブロックを使って保持します。

 

 

巻き爪ロボはAタイプとBタイプの2種類あり、形状に合わせてタイプを選びます。

 

 

セット品の選び方は、自分の巻き爪の形を前方から観察して決めます。

 

 

直角以上に変形していない状態で、片側だけが大きく変形しているか両端の厚さが極端に違う場合はBタイプになります。

 

 

左右の曲がりと暑さがほぼ均等ならAタイプを選択します。

 

 

セット品はAタイプである程度持ち上げてBタイプで下がっているほうを持ち上げることで左右を均等に矯正できます。

 

 

巻き爪ロボは病院に通わずに自分でケアできるので、全国に多くの愛用者がいます。

 

 

 




>>巻き爪ロボ公式通販ショップはこちらから<<