巻き爪 治し方 自分で

巻き爪 治し方 自分でできる巻き爪ロボで自宅で矯正を行おう

 

足は毎日靴やストッキング、靴下などで圧迫されていることもありトラブルも起きやすい傾向にあります。

 

 

外反母趾や水虫、魚の目など足の悩みにも色々なものがありますが、巻き爪は見た目が良くないのでサンダルなどの素足のおしゃれに自信が持てないという悩みも出てきますし、痛みが伴うので、歩行がつらい、靴が選びにくいなど様々な問題も出てきます。

 

 

その原因は深く爪を切りすぎてしまった、靴での圧迫、スポーツの影響、加齢など実に様々なものがあります。

 

 

そして自然に真っすぐに戻るということは難しいので、やはり矯正なども行い、痛みもなくきれいな爪を目指したいところです。

 

 

軽度の場合は治療も比較的簡単に行うことができますが、重症化してしまうとそれだけ改善も難しくなりますので、放置せずに早めに対策は考えておきましょう。

 

 

医療機関やフットサロンなどで矯正を行うという方法もありますが、自宅でも矯正ができる便利な商品もありますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

簡単で痛みもなく矯正するなら、巻き爪 治し方 自分でできる巻き爪ロボがおすすめです。

 

 

こちらは爪にフックをかけて爪を持ち上げるものとなっており、誰にも手軽に矯正が行えます。

 

 

爪を動かすとなると痛みが伴うのではというイメージもありますが、こちらは痛みもなく効果的な矯正が行えることも特徴的です。

 

簡単で痛みのない巻き爪矯正を実現した画期的な器具です!

 

爪の矯正というと爪に穴をあけたり、切ったりしなくてはいけないというイメージもありますが、そうした作業は必要ありませんし、お湯で爪を柔らかくしてから作業を行いますので痛みなく矯正が行えます。

 

 

矯正したあとはドライヤーで乾かすだけですので難しい作業もありません。

 

 

使う道具も洗面器やドライヤーなど家庭にあるもので十分ですので、新たに道具を用意する必要もなく、すぐに矯正が始められます。

 

 

マニキュアは爪を柔らかくするには妨げとなってしまいますので、作業を行う前は落としておきましょう。

 

 

AタイプとBタイプがありますが、左右均等に曲がっている、厚みも同じぐらいという場合はAタイプを選んでおきます。

 

 

左右が極端に曲がり具合や厚みが違う場合はBタイプを選びましょう。

 

 

中にはどちらともいえない、どちらの要素も含んでいるということもありますが、そうした場合はABセットを選んでおけばどちらのタイプも入っていますので、爪の状態によって使い分けることもできます。

 

 

爪と肉の隙間が大きい場合は後戻りもしやすい傾向にありますが、そんな時は巻き爪 治し方 自分でできる巻き爪ブロックを使用すれば後戻りがしにくくなります。

 

 

サイズや矯正力も様々なものが用意されていますので自分に合ったものを選び、しっかりと爪を整えていきましょう。

 




>>巻き爪ロボ公式通販ショップはこちらから<<